視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

開業25年の豊富な経験と高い技術

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日

1日約8,000歩、歩くだけで認知症、骨粗しょう症、高血圧症、動脈硬化、糖尿病などの発病リスクが抑えられる。

17年間の研究でつきとめられた、病気が治る“歩き方”とは!

病気が治る歩き方

 1日8,000歩、そのうち「速歩き」を約20分行っている人は、それ以下の人と比べ、「寝たきり」「うつ病」「認知症」「心疾患」「脳卒中」「がん」「動脈硬化」「骨粗しょう症」「高血圧症」「糖尿病」などの生活習慣に関わる病気の発病リスクを1/10に抑えられる……という研究結果が発表されているのをご存知でしょうか。“中之条研究”と呼ばれる研究結果です。世界中の研究者から注目を集めているものです。
 東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏(運動科学研究室長)は、2000年から群馬・中之条町に住む65歳以上の住民5,000人を対象にした大規模追跡調査を行ない、15年以上の年月をかけて身体活動と病気予防の関係を収集・分析続けてきたのです(現在も継続中)。日常の運動頻度や時間、生活の自立度、睡眠時間、食生活などに関する膨大なアンケート調査を行い、この内2,000人に対しては、詳細な血液検査や遺伝子解析を行っています。さらに、そのうちの500人に対しては、身体活動計(歩数と速歩き時間を計測)を携帯してもらい、一日24時間、一年365日の身体活動状況をモニターしてきているのです。
 その結果、導き出したのが「病気にならない歩き方の黄金律」です。「歩数」と「速歩きの時間(中強度の活動時間)」による普遍的な健康づくりのための指標を編み出したのです。その指標とは、健康維持や病気予防に効果的な数値が「1日8,000歩。その中に20分の中強度の運動(速歩き)を取り入れる」というものでした。

中強度の運動「速歩き」とは/1分間あたりで、120歩のペースで歩いてみてください。その時、なんとか会話ができる程度の速さ、それが速歩きです。だいたい時速6kmくらいがよいとされています。

1日の歩数が増えれば増えるほど、さまざまな病気を防げる。

1日あたりの歩数と予防できる病気

 上記の表は、1日の平均歩数から予防できる病気一覧です。群馬県中之条町の住民5,000人の「歩き」と病気の関係を15年間追跡した研究の一部で、健康づくりにおいて、通常の歩きと速歩きをどれくらいすればよいのかが明確に示されています。この研究成果は、高齢者だけでなく成人している方であれば同じようにあてはまると考えられています。
 現代人は、1日中座りっぱなしの生活をする人が増えています。長時間同じ姿勢でいるということは、脚にある大きな筋肉が動かないということ。すると身体にさまざまな影響を及ぼします。長く座り続けることで身体の代謝機能が低下し、血液の流れも滞ってしまう。その結果、狭心症や脳梗塞、糖尿病のリスクはもちろん、がんの発症率も高まるという研究結果もあるのです。

成人の1日あたりの平均歩数

 では、私たちは日常生活の中でどれくらい歩いているのでしょうか。厚生労働省は2018年9月11日、平成29年分の「国民健康・栄養調査結果の概要」を発表した。それによると成人の一日あたりの平均歩数は男性で6,846歩、女性で5,867歩であることが分かっています。男性の60代では6,774歩、70歳以上では5,219歩で、女性は60代では5,841歩、70歳以上では4,368歩となっています。

 表を見て、1日の歩行がクリアできていたとしたら、早歩きの時間をこなすだけで、生活習慣病の予防ができるのです。
※国民健康・栄養調査では「1,000歩=10分」とされています。

1日4,000歩ーー歩くことが、うつ病を予防する。そのメカニズムは。

 歩くだけでなぜ病気が防げるのでしょうか。うつ病を例にとってみましょう。厚生労働省の統計によると、うつ病などの気分障害の患者数は110万人を超えていて、年代では働き盛りの40代が1/5(19.6%)を占めています。このうつ病には、1日4,000歩(うち早歩きが5分)で効果があると考えられています。
 歩くことで脳内ホルモンの一種であるセロトニン(欠乏するとうつ病の原因になるもの)が増え、脳に変化をもたらします。興味深いことに、走ることより歩くことのほうがセロトニンを増やす効果は大きいとわれています。ここでポイントとなるのが、セロトニンは日光をあびることで増える効果があるので、室内ではなく、1日1回は外に出て10分の歩きを習慣化することです。

1日5,000歩ーー動脈硬化性疾患、認知症をに予防できる。

 1日の歩数が5,000歩(うち速歩きが7.5分)をクリアすると心筋梗塞・脳梗塞などの動脈硬化性疾患、認知症を予防できるそうです。
 鍵となるのは、血管内皮細胞。動脈の最内層には血管内皮細胞という細胞が敷き詰められており、大切な働きをしています。たとえば、動脈を流れる血液が増えると血管内皮細胞がそれに反応して動脈を弛緩させます。悪玉コレステロールなどから動脈を守るのも血管内皮細胞の仕事なのです。
 歩数を増やすと、血管内皮細胞が丈夫になり、動脈硬化が起こりにくくなります。これは、歩くことで生じる血流の変化が、血管内皮細胞の機能を支える一酸化窒素の産生を増やすから。
群馬県中之条町の調査では、1日の平均歩数が5,000歩以下の人に比べて、5,000歩以上の人は、「認知症」の発症率が7分の1でした。

1日7,000歩ーー骨粗しょう症の予防が期待できる。

「骨粗しょう症」の予防が期待できる歩数は「7,000歩」(うち速歩きが15分)。群馬県中之条町の調査では、1日の平均歩数が7,000歩以下の人に比べて、7,000歩以上の人は、「骨粗しょう症」の発症率が6分の1だったのです。
 骨密度測定器で測った場合、骨密度は100%を基準として、100%より高ければ「骨は丈夫」、100%より低ければ「骨はもろい」と診断されます。1日7,000歩以上歩いていない人の骨密度は、全員100%より低かったのです。いっぽう、1日7,000歩以上歩いている人の骨密度は、全員100%より高かったそうです。
 骨は歩いて刺激が加わることにより、どんどん丈夫になります。骨は毎日古くなった部分が壊れて、その壊れた部分に「カルシウム」がくっつくことで強い骨へと新しく変わっていく。この時「カルシウム」を骨にくっつける働きをしているのが「骨芽細胞」という物質です。この「骨芽細胞」は「歩く」ことで骨に適度な刺激が加わることで、はじめて十分な量が分泌されます。運動をしないと「骨芽細胞」が分泌されないため「カルシウム」がくっつきにくく、「骨粗しょう症」のリスクが高まるのです。歩くほど「骨芽細胞」は増えるので、1日に7,000歩以上歩いている人には「骨粗しょう症」の人はほとんどいなかったそうです。

1日8,000歩ーー糖尿病、高血圧症の予防に効果的!

 1日の歩数が8,000歩(うち速歩きが20分)になると、前述の病気に加え糖尿病や高血圧症の予防が期待できます。
 糖尿病では、歩くことで血糖値が安定化することは知られています。さらに、最近になって、その背景にあるミトコンドリアの働きに注目が集まっています。ミトコンドリアとは、人間の身体の細胞の一つひとつに入っている細胞内小器官です。筋肉のミトコンドリアの働きが落ちて、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の働きが悪くなる糖尿病の患者もいますが、歩くことで筋肉のミトコンドリア機能が上がって、インスリンの働きがよくなり、血糖値が安定化するといった効果も期待できるのです。
 いっぽうの高血圧症ですが、群馬県中之条町の調査では、1日の平均歩数が8,000歩以下の人に比べて、8,000歩以上の人は、高血圧症の発症率が6分の1だったそうです。
 高血圧症とは、運動不足などが原因で血流が悪くなり、指先の毛細血管にまで血液が流れなくなることで、そこに血液を送ろうとして心臓に負担がかかっている状態のこと。しかし、1日8,000歩以上歩くことで全身の血流がよくなるので、血管の中でもとくに血液が送られにくい末梢の毛細血管にまで血液が流れ、心臓の負担が抑えられて高血圧症の予防に効果的なのです。

歩く健康法を実践する場合の注意ポイント

歩く健康法を実戦するときの注意ポイント

どのくらいの期間、継続すれば効果が出てくるのか?

 例えば、「1日平均8,000歩、そのうち速歩きを約20分」をどれくらいの期間続ければ効果が出てくるのでしょうか。1つの目安は2カ月です。2カ月継続することで、「長寿遺伝子」にスイッチが入るからです。長寿遺伝子は、私たちの誰しもが持っていて、普段は眠った状態にあります。この遺伝子を目覚めさせれば、健康で、長生きできる可能性が高まると考えられているのです。
 一度スイッチが入ったからといって効果が一生続くわけではありません。歩きを継続しないと、せっかく入ったスイッチの効果は2カ月で切れてしまいます。秋から冬にかけて気温が下がる時期に、病気の発症や、亡くなる人が多くなるのは、1日の活動量が減ることと関係があると考えられます。

歩けない日があっても大丈夫。1週間単位で考えよう。

 例えば、1日8,000歩をクリアしていく過程で、当然、雨の日があったり、体調が悪かったりして、「歩数が足りない日」「やれない日」も出てきます。そこでおすすめなのが、1週間単位で考えることです。1週間ごとに「1日平均8,000歩、そのうち速歩きを約20分」がクリアできてればいいのです。歩かない日を補うために、2万歩歩く日があってもいい。1週間で1日平均8,000歩を目標にすれば、身体への負担も少なく、継続しやすい。まずは歩き始めること。そして明日も続けること。継続できるペースを見つけることが大切です。

歩き方で気をつけるのは「歩幅」!

 歩き方で大切なのは「歩幅を大きく」を意識すること。歩幅を大きくすると、自然とピッチも速くなるのです。年取ってくると自然と歩幅が小さくなるため、無理をせず歩幅だけを意識する、これが歩き方のコツとなります。

歩くなら朝よりも夕方! その理由は。

 病気になるかならないかは、体温の乱れとも大きな関係があります。1日の体温の推移は、人間の生態リズムのバロメーターといえるものです。人間の体温は、朝低く、夕方は高いという、24時間のバイオリズムがあります。
 若くて健康な人の体温は、朝低い体温が日中にかけて上がっていき、夕方の4~6時に一番高くなります。そこから就寝に向けて体温は徐々に低下し、睡眠に入るとさらに体温は下がり、また朝の目覚めで体温が上がっていくのです。このように体温が的確なリズムを刻んでいると、病気にかかりづらくなります。
 私たちは、寝るときに体温が下がることで眠りにつくことができます。つまり寝る直前の体温が高い状態でないと、眠るときに体温が下がらないため、不眠に悩まされるのです。若くて健康な人ほど、「1日の体温較差」があることがわかっています。歳を重ねるほど1日の体温の変化が小さくなるのです。
「1日の平均体温を上げ」「1日の体温にメリハリをつける」ためには、ある時間帯に「速歩き」をすること。それは、夕方です。人間の体温が一番上がる夕方の時間帯に、速歩きをすれば、血液のめぐりがよくなって、ピークの体温がさらに高くなり、1日の体温の高低差がつくれるのです。
 人間は体温が下がると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。平均体温が1度上がると免疫力は約60%アップし、逆に1度下がると免疫力は30~40%低下します。健康長寿するためにも、夕方に速歩きすることの大切さがわかります。

 内閣府が発表している「平成28年度版高齢社会白書」を見ると、日本の平均寿命は、2016年(平成28年)では、男性80.98歳、女性87.14歳でいずれも過去最高を更新中です。今後とも、男女の平均寿命は延びて、約40年後の2060年には、男性84.19歳、女性90.93歳となり、女性は90歳を超えると見込まれています。私たちは、定年でリタイアしたあとでも、快適に暮らすには身体の健康を20年は維持しなくてはならないのです。そのためにも、気軽にはじめることができる“中之条研究”の歩く健康法を実践してみませんか。

参考書籍

寿命を延ばすウォーキング法と話題騒然。世界が「奇跡の研究!」と絶賛した“中之条研究”の歩く健康法をもっと詳しく知りたい方は
あらゆる病気は歩くだけで治る!
東京都健康長寿医療センター研究所
青柳幸利 著
発行 SBクリエイティブ株式会社

老眼予防とアンチエイジング

老眼予防とアンチエイジング。

老眼予防にもなる、アンチエイジングの基本を紹介。「たっぷり水分をとる」「複式呼吸で若返る」「たっぷりの睡眠で若返る」「元気を保つために大切な運動」について、詳しく解説します。

高齢者のアイパワー使用

老眼対策にオススメの超音波治療器!

超音波治療器「アイパワー」の愛用者は、5歳から85歳と幅広く、最近は高齢者の使用が増えています。いま、アイパワーによる視力回復法・無料モニターを募集中。自宅で2週間、アイパワーを無料で体感できます。

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

視力回復に関する情報記事の目次ページです。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。目の病名やトレーニング方法、目に効く食べ物などで欲しい情報を探せます。

情報記事一覧はこちら

サイドメニュー

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

子供と視力回復_スマホ編

スマホと視力回復

スマホの普及で、子供たちの目が危ない。子供から大人まで熱中する人が急増しているいっぽうで、“スマホ病”という言葉があるくらい、身体の不調を訴える人も増えています。とくに子供の視力低下は、深刻の度合いを深めています。

子供と視力回復のページはこちら

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

目の悩みの決定版サプリメント!

アイタミン

お医者さんが作った目のサプリ「アイタミン」を詳しく紹介。購入もできます。

アイタミン詳細はこちら

眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法!

眼精疲労の予防方法

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法のやり方などを紹介しています。

詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

超音波治療器とは?

超音波治療はとは

超音波治療器の秘密を詳しく紹介。超音波の解説から、目の治療器として開発された歴史まで、その秘密に迫ります。

超音波治療器とはの詳細はこちら

子どもはなぜ近視になるのか?

子供はなぜ近視になるの

子どもの視力は本来、とてもよいのです。では、なぜ目が悪くなるのでしょうか?

子どもはなぜ近視にの詳細はこちら

老眼を予防する方法

老眼を予防する方法

目の若さを保つことが、身心の健康につながる。ここでは老眼を予防するための「きょろきょろ運動」、疲れ目解消のための「温湿布」を紹介します。

老眼を予防する方法の詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

視力って回復するの?

視力って回復するの

超音波治療器「アイパワー」の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介。臨床実験は、仮性近視ではなく、近視の方を選んで行っています。

視力って回復するの?の詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科
日本一の眼精疲労治療施設

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら

広告……無料マンガを掲載 原稿データ制作事務所サイト「澪標」

雑誌広告の原稿データからチラシ・カタログのデータを制作。海丸ミチさんの無料マンガも掲載中です。
須賀事務所
川崎市多摩区寺尾台2-8-1

詳細はこちら