視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

開業25年の豊富な経験と高い技術

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日

筋力低下により、どんどん体は老化する。

健康寿命を伸ばすためにも、シニアこそ筋トレをしよう!

健康寿命を伸ばすためにも、シニアこそ筋トレをしよう!

「もう歳だから、体の衰えはしかたない」「運動なんて、時間はないし、苦手だし、とても無理」と思っていませんか。身の回りを見ても、必要に迫られない大半の現代人は、体を動かすことに無関心です。
 筋肉が衰えると、足腰が弱ったり、体のバランスを崩しやすくなる、というのはみなさん知っていますよね。
 さらに、筋肉の衰えは、免疫力の低下、動脈硬化、認知症リスクのアップにつながっているとしたら、どうでしよう。
 ここでは、シニアにとって筋力がいかに大切か、そして筋力アップの方法を紹介します。

日本は世界一の長寿国になりました!! でも……。

 世界保健機関(WHO)が2018年に発表した統計によると、日本は、平均寿命ランキングで世界ナンバーワンとなりました。男女の平均寿命は84.2歳で、世界一、長生きの国となったのです。ちなみに、男女別で見ると、日本の女性の平均寿命87.1歳で世界1位。男性は81.1歳で残念ながら世界2位、1位はスイス(81.2歳 )でした。
 また、日本の100歳以上の高齢者数は、厚生労働省が2018年9月に発表したデータでは6万9785人。そのうち、女性が6万1454人と88%を占めています。ほんと、日本人は長生きなんです。

世界の平均寿命ランキング2016年

健康寿命を知っていますか? 長生きしても、寝たきりや介護を受けて過ごすのでは…。

 ところが、気になるデータも出ています。それは健康寿命です。
 厚生労働省は2018年3月、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」を発表しています。それによると、2016年、日本人の健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳でした。2016年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年もあるのです。つまり平均寿命は世界トップでも、介護を受けたり寝たきりになったりの日常生活に支障がある期間が、男性は8.84年、女性は12.35年あるということです。いくら長生きしても、10年前後、寝たきりや介護を受けて過ごすのでは…ですよね。

日本人の平均寿命と健康寿命

加齢による筋肉の衰えを放置するのは、とても危険!

 世界保健機構(WHO)が2018年、ちょっと気になる警告を出しています。世界の成人の4人に1人、約14億人が運動不足で、高所得国では30%を超えて増加中というのです。運動不足は高脂血症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病を引き起こす主要な原因のひとつになっているのです。
 ここで、とくにシニアの方に注目して欲しいのが「筋力」です。
 筋肉には、体を支え、動かす、という機能があります。「それくらいは知っている。でもトレーニングしてまで筋力をつけなくてもいいんでは」と、軽く考えている方に警告です。それは大間違い。
 筋肉は、立ち座りや歩行速度など、移動能力の維持に直結します。移動が自分でできなくなると、「歩く速度が低下する」「転倒・骨折のリスクが増加する」「着替えや入浴などの日常生活の動作が困難になる」など生活が制限され、人生の質が変わってしまうのです。反対に、筋肉を鍛えるために体を動かし続けることで、脳や筋肉、骨、血管など臓器が適度に刺激され、機能が維持・活性化されるのです。
 また、筋力低下を放置していると、なんと免疫力まで低下してしまいます。実は、免疫細胞が病気と闘うためには、グルタミンというアミノ酸が必要なのですが、そのグルタミンは、筋肉からつくられているのです。人の体は病気になると筋肉を分解してグルタミンを体内に供給しようとします。ところが筋肉量が足りない人は、グルタミンを十分につくることができず、病気に抵抗できなくなるのです。
 さらに、筋肉はエネルギー「ブドウ糖」の貯蔵庫で、血糖値の調整を行う働きがあります。食後、血液中の糖が多くなります。糖は、脂肪にも蓄えられますが、じつは、その多くは筋肉にため込まれているのです。それだけに、筋肉の量が減ってしまうと、当然、糖をためておく場所が少なくなるため、糖を調節する力が低下して血糖値が変動しやすくなり、糖尿病の発症リスクが高くなるのです。

30~50歳代の中年期にあまり運動をしないで過ごすと、筋肉が急激に減少する。

 75~84歳の高齢者の歩く速さと10年後の生存率を調べた最近の研究で、歩くのが速い人は長く生きられることがわかってきました。歩行速度は筋肉量と関係しているため、筋肉の量が多いほど長生きできることを表しています。
 筋肉は、成長していくにつれてその量が増え、20歳ごろまでは、筋肉の組織は太く長くなっていきます。そして、20歳ごろを過ぎると少しずつ筋肉量が減っていき、70歳代では20歳代の4割程度に減少します。とくに、30~50歳代の中年期にあまり運動をしないで過ごすと、筋肉が急激に減少する可能性があります。
 筋肉は何もしないと、とくに全筋肉量の約40%を占める下肢で、40代から年1%減り続け、70代半ばには、20歳前後と比べ3割近くも下がってします。しかも、筋肉は基礎代謝も高いため、筋肉が減少する分、太りやすい体になるのです。
 筋肉量の維持や増強には、運動が欠かせません。筋肉量を維持するためには、少なくとも1日6,000~8,000歩は歩くことが必要ですが、それ以外に筋力トレーニング(筋トレ)を行う必要があるのです。

筋肉には、「速筋」と「遅筋」の2種類があり、ウォーキングでは「速筋」は鍛えられない。

 筋肉には速筋と遅筋の2種類があります。瞬発的に大きなパワーを生み出すのが「速筋」で、筋トレや短距離走などの無酸素運動をするときに使われます。
 いっぽう、大きな力は出せませんが、持久力を発揮する際に活躍するのが「遅筋」です。ウォーキングやマラソンなどの有酸素運動をするときに使われます。若い時は速筋と遅筋が、全身にバランスよく備わっていますが、年を取るにつれて速筋のほうが先に萎縮します。このため素早い動きができにくくなり、転倒などの危険性が増します。安全な生活を送るには、速筋の補強が欠かせません。
 ウォーキングでは速筋はまったくといっていいほど使われません。速筋は、筋肉に負荷をかける「筋トレ」で鍛えることが必要なのです。とくに、下半身を中心に筋トレを行うと効率的に筋力をアップさせることができます。
 ここでは下半身と腹筋の筋肉を増やすトレーニングを紹介します。無理のない回数から初めて、徐々に増やしていきましょう。
 筋トレの種類、やり方は、各公共機関でおこなっていることがありますので、一度、問い合わせして、専門家の指導のもとにおこなうのがおすすめです。

筋トレ……スロースクワット ・クランチ・ヒップリフト

筋トレ_スロースクワット のやり方

腹筋の筋トレ_クランチのやり方

足腰の筋トレ_ヒップリフト

筋トレをおこなう時の注意点
  • 腰に不安のある方、高血圧の方は、運動回数や動かす範囲を少なくして、無理のないよう、軽い負荷から始めましょう。
  • 筋トレを始める前は、準備体操をおこなって体を温め、動きやすい状態をつくってください。筋トレ後も、緊張した体をほぐすことが大切です。
  • 筋トレを始める前は、準備体操をおこなって体を温め、動きやすい状態をつくってください。筋トレ後も、緊張した体をほぐすことが大切です。
  • ゆっくり丁寧におこなうと、目的の筋肉にしっかり負荷を与えることができます。

筋力が減らない工夫をしよう

日常生活を見直して、筋力が減らない工夫をしよう!

テレビをみたり車通勤をしたりと、座る時間が長いと筋肉量が減る。

 世界で最も座る時間が長い国、それは日本です。世界20の国や地域で座っている時間を比較した調査では、日本は最も長い7時間という結果が出ています。

テレビをみたり車通勤をしたり、座って過ごす時間が長いほど、死亡リスクが高かいという研究発表があります。人体の筋肉の中で約7割を占める足の筋肉が動かないため、血流が滞り、代謝機能が低下するからです。それが積み重なり、長期化すれば、糖尿病、高血圧、脳梗塞、心疾患、がん、さらにはうつ病や認知症などあらゆる病の引き金となるとされています。

 対策としては、定期的に立つ、歩くといった動きをすること。理想は、30分に1回、立ち上がること。それが難しい場合は、1~2時間ごとに10分程度、軽く動くだけでもリスクを軽減することはできるそうです。

エスカレーターやエレベーターを利用せず、階段を使おう。

 エレベーターの代わりに階段を使うことで、身体活動量は7倍に上昇します。また、毎日にたった2分間を階段上りに費やすだけで体脂肪を燃焼させ、約0.5kgの体重増加を防ぐことができ、さらに、1日3階分の階段を上ることを1週間続けると、脳卒中の死亡リスクを20%下げることができるそうです。

すぐ近くなのに、車を使ってしまう、それもNG。

 車があると、ついつい、歩いていける距離でも車を使いがち。これが筋肉量の低下につながり、疲れやすくなり、車やエスカレーターなど楽な方法を選ぶようになります。すると、さらに筋肉量が低下するという悪循環に陥ります。近くに買い物にいくときは、なるべく歩く。昼は、食後15~20分程度休息してからウォーキングを行う。休日は家にじっとせず、散歩に出る。外出で車を利用するときは、できるだけ遠い場所に駐車する(空いていて停めやすいです)などなど、工夫次第で筋肉量低下を防げます。

食事制限のダイエットは危険。

 食べるものを少なくすれば、足りないエネルギーを筋肉や脂肪から取り崩してエネルギーにします。筋肉が減ると代謝も下がり、体重が減らなくなります。食事制限だけのダイエットは実はとても危険です。
 空腹で悩まされずに体重を落とすには、体に入ってくるエネルギー量(カロリー量)を越える運動量を行えばよいのです。

アイパワーを使う。

超音波治療器アイパワー

超簡単な視力回復法…超音波治療器を使う!

超音波治療器を使った視力回復法は超カンタン。1日1回10分間、まぶたの上から超音波治療器をあてるだけ。器械が発振する超音波エネルギーで“マイクロマッサージ”します。
現在、超音波治療器による「視力回復・無料モニター」を募集中です。2週間、自宅で無料お試しできます。

病気が治る“歩き方”とは!

17年間の研究でつきとめられた、病気が治る“歩き方”とは!。

1日8,000歩、そのうち「速歩き」を約20分行っている人は、それ以下の人と比べ、「寝たきり」「うつ病」「認知症」「心疾患」「脳卒中」「がん」「動脈硬化」「骨粗しょう症」「高血圧症」「糖尿病」などの生活習慣に関わる病気の発病リスクを1/10に抑えられる……という研究結果が発表されているのをご存知でしょうか。

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

視力回復に関する情報記事の目次ページです。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。目の病名やトレーニング方法、目に効く食べ物などで欲しい情報を探せます。

情報記事一覧はこちら

サイドメニュー

facebook

視力ケアセンターのfacebookです。視力などの健康情報を発信しています。

視力ケアセンターのfacebook

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

子供と視力回復_スマホ編

スマホと視力回復

スマホの普及で、子供たちの目が危ない。子供から大人まで熱中する人が急増しているいっぽうで、“スマホ病”という言葉があるくらい、身体の不調を訴える人も増えています。とくに子供の視力低下は、深刻の度合いを深めています。

子供と視力回復のページはこちら

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

目の悩みの決定版サプリメント!

アイタミン

お医者さんが作った目のサプリ「アイタミン」を詳しく紹介。購入もできます。

アイタミン詳細はこちら

眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法!

眼精疲労の予防方法

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法のやり方などを紹介しています。

詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

超音波治療器とは?

超音波治療はとは

超音波治療器の秘密を詳しく紹介。超音波の解説から、目の治療器として開発された歴史まで、その秘密に迫ります。

超音波治療器とはの詳細はこちら

子どもはなぜ近視になるのか?

子供はなぜ近視になるの

子どもの視力は本来、とてもよいのです。では、なぜ目が悪くなるのでしょうか?

子どもはなぜ近視にの詳細はこちら

老眼を予防する方法

老眼を予防する方法

目の若さを保つことが、身心の健康につながる。ここでは老眼を予防するための「きょろきょろ運動」、疲れ目解消のための「温湿布」を紹介します。

老眼を予防する方法の詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

視力って回復するの?

視力って回復するの

超音波治療器「アイパワー」の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介。臨床実験は、仮性近視ではなく、近視の方を選んで行っています。

視力って回復するの?の詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科
日本一の眼精疲労治療施設

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら

広告……無料マンガを掲載 原稿データ制作事務所サイト「澪標」

雑誌広告の原稿データからチラシ・カタログのデータを制作。海丸ミチさんの無料マンガも掲載中です。
須賀事務所
川崎市多摩区寺尾台2-8-1

詳細はこちら