視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

開業25年の豊富な経験と高い技術

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日

ひざの健康によい運動法『スローピング』

『スローピング』で、
ひざや腰の痛みをやわらげる!

膝の健康に良い運動法スローピング

膝の痛みや腰痛がひどい方にあった運動法!

 『スローピング』という運動法を知っていますか? 坂道や階段を前向き・後ろ向きに上り下りする運動法です。平地のウォーキングに比べ2〜3倍の運動効果が期待でき、少ない時間で効率的な効果が得られます。ここでは、アンチエイジングのための運動として、足腰が痛い人のためのスローピングを紹介します。

『階段・5段活用法』のやり方

階段・5段活用法のやり方

 膝の痛みや腰痛がひどい方の中には、駅の階段やバスステップの昇り降りが大変なため、外出を控えてしまう人が多いようです。歩くのを怠っているとどんどん筋肉が退化し、歩幅も狭くなり転びやすくなって、骨折しかねません。そういう場合にこそ、弱った筋肉を徐々に鍛練すること必要です。その鍛練方法が、膝や腰の弱い方のためのスローピング『階段・5段活用法』です。このスローピングを行うことで、膝や腰の痛みが少しずつ和らいでくるはずです。

『階段・5段活用法』のやり方

手すりに軽くつかまり、1段1段ゆっくりと5段まで昇ります。そのとき「げ・ん・き・よ・く」と口ずさみながら昇ると、階段5段の確認ができ、リズムもついて気持ちよく昇れます。



前を向いたままの状態で、後ろに階段をゆっくり降ります。このときも「い・つ・ま・で・も」といいましょう。声を出すことは、脳を刺激し心身の活性化にもなります。


①と②の昇り降りを5分間続けると、体が少し温かく感じてくるはずです。さらに5分続けると汗ばんできます。慣れたら、20分続けられるようにしましょう。

《準備と注意》
●まずはじめに、公園や公民 館、もしくは自宅で手すり のある階段を選びます。
●狭くて傾斜がきついと危険 ですので、なるべくゆるい 傾斜の階段を選びましょう。
●滑り止めのある靴下か靴を 着用します。

 

足下がふらつく人の筋肉鍛練法!
『階段・1段活用法』のやり方

階段1段活用法のやり方

 足下がふらつき、杖をついてトイレやポータブルまでやっとという方のスローピングが『階段・1段活用法』です。自宅などの階段1段を使っての筋肉鍛練法です。運動のために平地を自分なりに歩いているだけでは、歩幅が少しずつ狭くなり、ついには歩けなくなってしまいます。そういう方に、このスローピングはおすすめ。なぜなら、階段の昇り降りは平地を歩くより足をあげるので歩幅も広くなり、つま先も上がり、転びにくくなるからです。

『階段・1段活用法』やり方

階段の下で背筋を伸ばし姿勢をただします。片手で手すりをしっかりつかみ、右足からしっかり上げ、「いーち」と声を出して1段昇り、右足と左足をそろえます。


前を向いたまま、「にーい」と声を出して右足を後ろに下ろし、さらに左足を下ろして両足をそろえます。背筋を伸ばして姿勢をただします。


①と②の昇り降りを1回とし、5回行ったら、次に左足からの昇り降りを5回行います。その動作を交互に5分間続けます。5分を3回(15分)できるようにしましょう。

 

スローピングはいつ、どこで、誰が始めたの?

 スローピングを考案したのは、横浜市に住む奈良岡治成さん。高血圧や肝機能の低下に悩んでいたとき、なんとか健康を取り戻す方法はないかと考え、世界の長寿地域が高地や丘陵地であることに目を付けられたのです。近所の坂や神社の石段を毎日約1時間かけて歩くようにしたら、少しずつ肝機能が改善し、血圧も正常範囲まで下がったといいます。
 川上立太郎・元富士通川崎病院院長らの強力をえて、99年に「国際スローピング協会」を設立。生活習慣病予防やダイエットにも役立つと、百貨店や企業・健康保険組合で採用されています。
 ひざが痛み、バスのステップがのぼれずにいた女性は「最初は恐る恐るだったが、ラクに階段を上れるようになった。駅のトイレもしゃがめる」と喜ばれているとか。「足下がしっかりしてつまずかなくなった。転倒防止にいい」と70代の男性。
 歩く、すわる、立ち上がる、など私たちは日常生活のすべての場面で筋肉を使っています。筋力の維持には、多少の負荷をかけてトレーニングをすることが必要です。スローピングは特別な道具は入らず、簡単に始められます。

無料モニター募集

老眼でお悩みの方も使用しています。

視力の悩みに超音波治療器を試してみませんか?

超音波治療器の愛用者は、5歳から85歳と幅広く、最近は高齢者の使用が増えています。いま、超音波治療器による視力回復法・無料モニターを募集中。自宅で2週間、超音波治療器を無料で体感できます。

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

視力回復に関する情報記事の目次ページです。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。目の病名やトレーニング方法、目に効く食べ物などで欲しい情報を探せます。

情報記事一覧はこちら

サイドメニュー

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

子供と視力回復_スマホ編

スマホと視力回復

スマホの普及で、子供たちの目が危ない。子供から大人まで熱中する人が急増しているいっぽうで、“スマホ病”という言葉があるくらい、身体の不調を訴える人も増えています。とくに子供の視力低下は、深刻の度合いを深めています。

子供と視力回復のページはこちら

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

目の悩みの決定版サプリメント!

アイタミン

お医者さんが作った目のサプリ「アイタミン」を詳しく紹介。購入もできます。

アイタミン詳細はこちら

眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法!

眼精疲労の予防方法

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法のやり方などを紹介しています。

詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

超音波治療器とは?

超音波治療はとは

超音波治療器の秘密を詳しく紹介。超音波の解説から、目の治療器として開発された歴史まで、その秘密に迫ります。

超音波治療器とはの詳細はこちら

子どもはなぜ近視になるのか?

子供はなぜ近視になるの

子どもの視力は本来、とてもよいのです。では、なぜ目が悪くなるのでしょうか?

子どもはなぜ近視にの詳細はこちら

老眼を予防する方法

老眼を予防する方法

目の若さを保つことが、身心の健康につながる。ここでは老眼を予防するための「きょろきょろ運動」、疲れ目解消のための「温湿布」を紹介します。

老眼を予防する方法の詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

視力って回復するの?

視力って回復するの

超音波治療器「アイパワー」の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介。臨床実験は、仮性近視ではなく、近視の方を選んで行っています。

視力って回復するの?の詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科
日本一の眼精疲労治療施設

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら

広告……無料マンガを掲載 原稿データ制作事務所サイト「澪標」

雑誌広告の原稿データからチラシ・カタログのデータを制作。海丸ミチさんの無料マンガも掲載中です。
須賀事務所
川崎市多摩区寺尾台2-8-1

詳細はこちら