視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日

目の若さをキープするには、紫外線対策がキーポイントとなる!

白内障や翼状片の原因は、紫外線だった!?

紫外線が目の老化を早める。

紫外線対策が不十分だと、目の老化を早める。

 夏は紫外線の強くなる季節です。紫外線は、シミ・シワ・たるみなどの肌の老化の原因になるだけでなく、実は視力にも悪影響を及ぼすのです。
 例えば、スキーや雪山で強い紫外線を浴びると、雪眼(ゆきめ)と呼ばれる紫外線角膜炎(しがいせんかくまくえん)・結膜炎を起こします。雪面にに限らず、砂浜、水面、コンクリート面など紫外線の反射が強いところでも起こります。症状は、紫外線を浴びて数時間以上たってから、眼痛、流涙(りゅうるい)、結膜充血(けつまくじゅうけつ)、眼の異物感、まぶしさなどをきたします。皮膚の日焼けと同じで1~2日で自然と治ることが多いそうです。
 また、紫外線が厄介な点は、視力への影響が何十年もたってから現れることです。
 目に入ってくる紫外線は、通常、角膜や水晶体、硝子体で吸収され、網膜には達しません。
 見た映像を映し出すめの「網膜」は、紫外線によつてダメージを受けると失明する恐れがあからです。この大切な網膜を守るために「盾」の役割をしているのが、角膜や水晶体、硝子体なのです。エネルギーの強い紫外線を角膜や水晶体などが吸収することで、網膜に紫外線が届かないようにして、光のダメージから網膜を守っているのです。しかし、いくら「盾」といっても、長年にわたって紫外線を浴び続けていると、傷ついてゆき光老化(ひかりろうか)が進んで慢性障害が起こってきます。高齢者の目によく見られる翼状片(よくじょうへん)、角膜病変、白内障などです。これらの疾患は、紫外線が関わっていると考えられているのです。目を紫外線からを保護しなければ、翼状片や白内障などのリスクはどんどん高まってゆきます。
 実際、2014年に金沢医科大学らの研究チームが、紫外線強度の強いタンザニアで行った疫学調査により、子どもの頃から目に大量の紫外線を浴びると、目の老化を招く可能性があることがわかったそうです。
 太陽から注がれる紫外線量は、赤道に近いほど多く、タンザニアの紫外線強度は日本の2倍に近い量となっています。タンザニアと日本の子どもの視力を比べてみると、タンザニアの子どもは93.6%が裸眼視力1.0以上、近視の割合は日本の約13分の1と、日本の子どもより格段に視力がよかったそうです。ところが、タンザニアの子どもは強い紫外線の中、戸外で活動する時間が長いことなどにより、紫外線被ばく量は日本の子どもの3倍以上でした。その結果、瞼裂斑(けんれつはん)という眼疾患の一つを発症している子どもは日本の子どもの約4倍以上でした。さらに、成人の場合、タンザニアでは40代の10人に1人が低視力、50歳以上の中高齢者は失明している人や視力が極端に低下している人が多いことがわかったそうです。
 早い段階で老眼や白内障を発症している割合も高く、子どもの頃から紫外線を大量に浴び、その対策が不十分なため、目の老化を早めている可能性が高いと考えられているのです。

瞼裂斑(けんれつはん)、翼状片(よくじょうへん)とは?

翼状片の画像

白目の結膜が黒目に覆いかぶさる翼状片。紫外線を多く浴びる生活が一因とさている。

 瞼裂斑(けんれつはん)と翼状片(よくじょうへん)は、結膜(まぶたの裏側と白眼部分を覆う膜)にできる肉質の増殖物です。瞼裂斑は、角膜(一般的には黒目といわれている)の上に広がらないのに対し、翼状片は角膜の上に広がります。紫外線被ばくが原因とされています。
 瞼裂斑は盛り上がった黄白色の増殖物で、角膜に隣接してできますが、角膜の上に広がることはありません。見た目の問題はあるものの、普通は深刻な症状を引き起こすものではないため、切除する必要はありません。
 翼状片は結膜にできる肉質の増殖物で、角膜の部分に三角状に入り込んでくる病気です。進行はゆっくりですが、角膜の中央部まで侵入すると、乱視になったり視力が低下したりします。治療薬はなく、増殖している結膜下の組織を切除する手術が基本となります。
 翼状片による症状を緩和するために、医師は人工涙液(るいえき)を処方したり、コルチコステロイドの点眼薬または軟膏を短期間処方したりします。それでも症状が軽減しない場合、翼状片を外科的に切除します。ただし、切除するだけでは再発率が高いそうです。

シミ・シワ・たるみなどの肌の老化の原因も紫外線だった。

 翼状片や角膜病変、白内障などになるリスクを減らすためには、子どもの頃はもちろん、高齢になるほど、紫外線対策が大切になります。紫外線対策を怠ればリスクが高まります。紫外線が強くなる季節、夏ではとくに紫外線対策が重要です。
 紫外線は目ばかりではなく、シミ・シワ・たるみなど肌の老化にも深く関わっています。実は、高齢の方の顔にできるシミや深いシワ、茶色いイボも単に年をとったからできるのではなく、長年日光にさらされたために起こってくるのです。
 実際、高齢の方でも、紫外線のあたらない衣服で隠れた部分の皮膚はそれほど痛んではいません。紫外線に長年さらされた皮膚は、ボール紙のようです。紫外線のために皮膚の弾力を保っている線維(せんい)がズタズタに切れてしまい、柔らかさやハリがなくなります。皮膚は自分を守るために厚くゴワゴワになり、色も黄色っぽくなります。無理矢理曲げれば、折れ曲がり、深くシワを刻むことになります。
 いっぽう、紫外線のあたらなかった皮膚は、例えるとティッシュペーパーのようで、厚さは薄くなりますが、色は白くシワも細かいものだけです。柔さかも保たれています。紫外線に当たることによって起こる皮膚の光老化は、年齢とともに皮膚の生理機能が損なわれていく自然老化とはまったく違ったものです。それだけに、紫外線よる光老化は、その影響を避けることで、皮膚をキレイに保つことができるのです。
 紫外線の肌への影響は、すぐ現れるのではなく、何十年もたってからシミ・シワ・たるみなどといった形で現れるのです。

UV カット機能を持ったメガネやサングラスで目を守る。

外出時にはサングラスを

色の濃いサングラスを利用すると瞳孔が開き、逆に紫外線を目に多く取り込むことになることも。

 目の紫外線障害は、サングラス使用で防ぐことができます。UV カット機能を持ったメガネやサングラスの着用で90%減少させることができます。
 サングラスを選ぶ時のポイントは、

①サングラスと表示された規格品を選ぶこと。

②色のあまり濃くないものを選ぶこと。


 人の虹彩(こうさい)は可視光の明暗に応じて大きくなったり小さくなるので、色の濃いサングラスを利用すると瞳孔が開きます。そのためサングラスの横に隙間があると、そこから散乱した紫外線が、かえってたくさんが目の中へ侵入し、危険な場合がありますので注意しましょう。
 また、夏の強い日差しを避けるためには帽子も有効です。あるデータでは、太陽高度65度の初夏の快晴日に、つばの長さ7cmのキャップタイプの帽子をかぶると、顔の正面があびる紫外線量を60%カットできたそうです。また、つばの長さ7cmのハットタイプの帽子では紫外線量を65%カットできました。

老眼予防とアンチエイジング

老眼予防とアンチエイジング。

老眼予防にもなる、アンチエイジングの基本を紹介。「たっぷり水分をとる」「複式呼吸で若返る」「たっぷりの睡眠で若返る」「元気を保つために大切な運動」について、詳しく解説します。

高齢者のアイパワー使用

老眼対策にオススメの超音波治療器!

超音波治療器「アイパワー」の愛用者は、5歳から85歳と幅広く、最近は高齢者の使用が増えています。いま、アイパワーによる視力回復法・無料モニターを募集中。自宅で2週間、アイパワーを無料で体感できます。

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

視力回復に関する情報記事の目次ページです。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。目の病名やトレーニング方法、目に効く食べ物などで欲しい情報を探せます。

情報記事一覧はこちら

サイドメニュー

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

子供と視力回復_スマホ編

スマホと視力回復

スマホの普及で、子供たちの目が危ない。子供から大人まで熱中する人が急増しているいっぽうで、“スマホ病”という言葉があるくらい、身体の不調を訴える人も増えています。とくに子供の視力低下は、深刻の度合いを深めています。

子供と視力回復のページはこちら

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

目の悩みの決定版サプリメント!

アイタミン

お医者さんが作った目のサプリ「アイタミン」を詳しく紹介。購入もできます。

アイタミン詳細はこちら

眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法!

眼精疲労の予防方法

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法のやり方などを紹介しています。

詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

超音波治療器とは?

超音波治療はとは

超音波治療器の秘密を詳しく紹介。超音波の解説から、目の治療器として開発された歴史まで、その秘密に迫ります。

超音波治療器とはの詳細はこちら

子どもはなぜ近視になるのか?

子供はなぜ近視になるの

子どもの視力は本来、とてもよいのです。では、なぜ目が悪くなるのでしょうか?

子どもはなぜ近視にの詳細はこちら

老眼を予防する方法

老眼を予防する方法

目の若さを保つことが、身心の健康につながる。ここでは老眼を予防するための「きょろきょろ運動」、疲れ目解消のための「温湿布」を紹介します。

老眼を予防する方法の詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

視力って回復するの?

視力って回復するの

超音波治療器「アイパワー」の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介。臨床実験は、仮性近視ではなく、近視の方を選んで行っています。

視力って回復するの?の詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科
日本一の眼精疲労治療施設

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら

広告……無料マンガを掲載 原稿データ制作事務所サイト「澪標」

雑誌広告の原稿データからチラシ・カタログのデータを制作。海丸ミチさんの無料マンガも掲載中です。
須賀事務所
川崎市多摩区寺尾台2-8-1

詳細はこちら