視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

土曜日・日曜日・祝日

レーシック手術を受ける前に、まずは正しい知識を身につけよう!

レーシックを受ける前に知っておきたいこと!

レーシック手術を受ける前に知っておきたいことタイトル画像

 近視矯正手術レーシックは、いまはわずか20分ほどの手術時間にくわえ、手術費用が10万円を切る眼科クリニックも現れ、簡単で手軽にできる手術として認識されはじめています。しかし、そのいっぽうでレーシック手術を受けるリスクを顧みることなく、手術に臨んでいる人々も多いのも事実です。外科手術である以上、大きなリスクが内在していることを見逃すと、後遺症などにより、後悔することにもなりかねません。
 そこで、レーシック手術を考える前に、手術を受ける前に知っておきたいことをまとめてみました。

①そもそも「レーシック」とは?

「レーシック」は、LASIK=Laser in Situ Keratomileusis(ケラトミュレーシスという手術をレーザーで用いて行う)の略で、近視矯正手術の方法のひとつです。角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、その内側にエキシマレーザーをあてて角膜を削ります。角膜の形状をレーザーで変えることにより、角膜の屈折力を変化させ、視力を矯正します。
 一般的には手術時間は20~30分ほどで、術後は1時間ほど安静にし、入院の必要もありません。

レーシック手順

②レーシックは、近視の原因そのものを治す治療ではない。

 レーシックは画期的な手術ですが、簡単にいうと、角膜の上にメガネやコンタクトのレンズを焼きつけるようなもので、取り外しができなくなります。レーシックは近視の原因そのものを治すわけではなく、あくまで角膜の屈折力を変化させるだけの手術です。
 現在、メガネやコンタクトレンズ(CL)を使用していて眼精疲労や目の渇き、頭痛などの不満を感じているのであれば、あなたに必要な視力と、現在のメガネやCLの矯正度数にギャップがあると思われます。現在の矯正度数を見直すことで、その大部分が解消されます。頭痛や肩こり、目の渇きなど不満を抱えたまま手術を受けると、その状態が固定されてしまうことにもなりかねません。

③レーシックの手術の「成功」とは?

 レーシックを受けて、手術が「成功」したかどうかは、術後の視力に対する「あなたの満足度」に左右されます。
仮に手術後「両眼視力1.5」が達成されたとしても、ふだん、近くを見る生活が大半であれば、目の負担になり必ず不満や不都合が生じます。
「視力は良くなったんだけど、目が乾燥したり充血したりする」「遠くはよく見えるけど、近くを見ると疲れるようになった」など不満を感じては、成功とはいえません。
 それだけに、手術を受ける前に医師と綿密に相談して、

「パソコンを使う仕事柄、長時間近くを見ても楽なように、少し弱めの矯正にしたい」
「スポーツをしているので、遠くをはっきり見るために2.0にしたい」
「とりあえずは乱視をなんとかしたい」


 などと、自分のライフスタイルや目の使い方に適した矯正視力を目指しましょう。

④視力1.5が「いい視力」というのは間違い?!

視力1.5=いい視力、というのは実は思い込みにすぎません。パソコンやスマホの普及で近くを見続けて目を酷使することが多い、現代の日本人には、視力0.7~1.0もあれば十分、かえって近くを見る場合にも目に負担がかからず快適です。もちろん、スポーツ選手やパイロット、ドライバーなど職業によっては強い視力を必要とすることもあります、まずは自分の生活に必要かつ十分な視力を知ることが大切です。

⑤術後に視力が徐々に下がることもある?

レーシックは、一度手術を受ければ、二度と近視にならないわけではありません。視力が回復したとしても、毎日、長時間パソコンの画面に向かうなど、近くのものばかり見る生活を続けていれば、目はその視力環境に適応し、再び近視になる可能性はあります。もちろん手術後に徐々に再近視化する可能性はありますが、術後に安定した視力が急激に下がるといったことはあまり起こりません。

⑥レーシック後のトラブルの大半は過矯正が原因!

レーシック手術後に起こる症状の原因の中で最も多いのが、必要以上の近視矯正をしてしまった「過矯正」です。過矯正になると、恒常的に調節筋を酷使していることになり、目に大きな負担がかかります。その結果、近くが見えづらいなどの視力症状だけでなく、頭痛や吐き気などの全身症状までをも引き起こす恐れがあります。

過矯正についてもっと詳しく知りたい方は、「レーシック後の視力低下を予防する方法」をご覧ください。詳しくはこちらをクリック!

⑦術後に「合併症」が起こる可能性もある。

 レーシックは角膜を手術するため、患者個人による差異はあるものの、合併症が伴う場合があります。なかには深刻な合併症となる場合があり、後遺症として残る場合もあります。良い条件の患者に有能かつ経験豊富な医師が手術を施した場合、深刻な合併症の起こる確率は1%未満といわれています。頻度の高い症状には、軽度の「ハロ」や「グレア」があります。

グレアのイメージ

●ハロ
 日本語で「光輪症」と訳される後遺症です。光を見ると、光の周りに輪のような光が見えます。光の輪が白っぽく見えたり、いっぽう、向かい光が流れて見えることも。

●グレア
 日本語で「光輝症」などと訳されます。光が本来よりもぎらぎらと強く、眩しく見える後遺症です。

 いずれもとくに夜間に見られます。その原因は、「フラップの切断面による光の乱反射」「切除面の境界による光の乱反射」と考えられています。手術で作ったフラップの切断面が、充分に治癒するまでの間、光を乱反射させることでハロやグレアを起こします。角膜は本来透明な組織で光を通しますが、フラップ作成時に切断された部分の形が変わってしまい、そこで光が乱反射をすると考えられています。

 ハロやグレアの他には「ドライアイ」「不正乱視」「暗視力の低下」「近くが見えにくくなる」といった症状がでることもあります。

●ドライアイ
 手術後の2~3カ月は、目が乾燥しやすい状態になります。レーシックで角膜フラップをつくるときに、角膜表面に近い神経を一度切断しているためです。これは手術の傷や神経の再生とともに改善していきます。
●暗視力の低下
 暗いところでモノが見辛くなります。レーザー照射の範囲と、瞳孔の大きさや矯正の強さに左右されます。
●フラップのズレ、シワ
 不正乱視が生じることもあります。

 また、「眼精疲労」「頭痛」「首の痛み」「肩こり」などを訴える人もいます。いずれも個人差があり、すぐに回復する人がいるいっぽうで、術後何カ月も続く人がいます。

レーシックで矯正する場合、限度は理想的にはー6D程度まで。

 視力は一般的に3~5メートル離れた位置からランドルド環(Cのマーク)を見て、どのレベルの小さなランドルド環を区別できるかという形で判定します。「1.0」の部分が見えれば視力1.0、「0.5」の部分が見えれば視力0.5です。
 しかし、本当に正しい視力の数値は『ディオプトリー(ジオプトリー)(D)』という値で表され、この値によって近視の度合い(軽度近視、中度近視、強度近視)を判断します。
 ディオプトリーとは屈折度数のことで以下の式で算出されます。

屈折度数(D)=1÷焦点距離(m)

 近視の場合、凹レンズで矯正されます。その凹レンズはマイナスのため、近視の度数表示は「マイナスD」で表します。正視の場合は±0、遠視では+の値となります。このディオプトリーで近視の程度を判断すると以下のようになります。

ジォプトリーと焦点距離

屈折度数

ディオプトリー 

裸眼視力の範囲

(目安)

屈折度数

ディオプトリー

裸眼視力の範囲

(目安)

-0.25D1.2~0.8-3.0D0.3~0.04

-0.50D

1.0~0.5-3.5D0.3~0.04

-0.75D

1.0~0.4-4.0D0.2~0.04
-1.0D0.9~0.2-4.5D0.2~0.04
-1.25D0.8~0.1-5.0D0.1~0.02
-1.5D0.8~0.1-6.0D0.1~0.02
-1.75D0.7~0.08-7.0D 0.06~0.02
-2.0D0.7~0.08-8.0D0.04~0.01
-2.5D0.5~0.06  

※上記の裸眼視力の範囲は目安です。

「-3.00Dの近視」の人の焦点距離(遠点)は「眼前(符号がマイナスなので)0.333m」ということになります。
 裸眼の時、眼前0.333mのものはハッキリ見えるけれど、それよりも遠くにあるものは距離が遠くなるほどぼやけてしまうということです。
 逆に、0.333mより近いものは、ある距離までは、「調節力」を働かせることにより、ハッキリ見ることが可能です。

レーシックで矯正する場合、限度は理想的にはー6D程度までといわれています。
 あまりにも極度の近視の場合、多くの角膜を削らねばならず、その場合は眼圧とのバランスがくずれ、乱視がはいってしまったり、頭痛や肩こりのもとになってしまったりします。
実際は、十分にリスクを説明した上でー10D程度まで、手術を行うようです。

 上の表を見ると、D値の大きいレンズ、すなわち、度数の強いレンズほど、焦点距離が短いということがわかります。
 そして、この表を利用して、あなたの目のだいたいの度数(D値)を知ることもできます。
 まず、片目ずつ、その目の遠点を知ることにより、大体の度数がわかるのです。
 遠点というのは、ものがはっきり見えるもっとも遠い点です。
 試しに、裸眼で雑誌などの細かい活字を見てみましょう、そうすると、
たとえば、目の前20cmから50cmまでは、ぼやけずにはっきり見えたとします。
 すると、その目の遠点は50cmですので、その距離を焦点距離としてもつレンズの度数はー2Dだとわかります。
 それで、あなたの近視眼の度数は大体ー2Dくらいだなと推測ができるわけです。

 

視力って回復するの?
臨床実験から見る超音波治療器

視力って回復するの

視力って回復するの? 視力は回復しないのか? 超音波治療器の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介します。

レーシックなどの屈折矯正手術後の視力を維持する方法!

レーシック後に視力を維持する方法

現在は30~40歳代でも近視になる場合もあり、レーシックなどの屈折矯正手術後、それ以前の視力低下を招いた習慣を続けていては、再度、視力低下を招く恐れがあります。習慣を変えるには相当な意志力が必要です。手術後の視力を維持する方法を掲載するとともに、超簡単に視力維持ができる超音波治療器を紹介します。

 

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

視力回復に関する情報記事の目次ページです。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。目の病名やトレーニング方法、目に効く食べ物などで欲しい情報を探せます。

情報記事一覧はこちら

サイドメニュー

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

子供と視力回復_スマホ編

スマホと視力回復

スマホの普及で、子供たちの目が危ない。子供から大人まで熱中する人が急増しているいっぽうで、“スマホ病”という言葉があるくらい、身体の不調を訴える人も増えています。とくに子供の視力低下は、深刻の度合いを深めています。

子供と視力回復のページはこちら

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

目の悩みの決定版サプリメント!

アイタミン

お医者さんが作った目のサプリ「アイタミン」を詳しく紹介。購入もできます。

アイタミン詳細はこちら

眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法!

眼精疲労の予防方法

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法のやり方などを紹介しています。

詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

超音波治療器とは?

超音波治療はとは

超音波治療器の秘密を詳しく紹介。超音波の解説から、目の治療器として開発された歴史まで、その秘密に迫ります。

超音波治療器とはの詳細はこちら

子どもはなぜ近視になるのか?

子供はなぜ近視になるの

子どもの視力は本来、とてもよいのです。では、なぜ目が悪くなるのでしょうか?

子どもはなぜ近視にの詳細はこちら

老眼を予防する方法

老眼を予防する方法

目の若さを保つことが、身心の健康につながる。ここでは老眼を予防するための「きょろきょろ運動」、疲れ目解消のための「温湿布」を紹介します。

老眼を予防する方法の詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

視力って回復するの?

視力って回復するの

超音波治療器「アイパワー」の根源となっている手持眼科用超音波治療器の眼科臨床実験における治療効果を発表した論文を紹介。臨床実験は、仮性近視ではなく、近視の方を選んで行っています。

視力って回復するの?の詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科
日本一の眼精疲労治療施設

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら

広告……無料マンガを掲載 原稿データ制作事務所サイト「澪標」

雑誌広告の原稿データからチラシ・カタログのデータを制作。海丸ミチさんの無料マンガも掲載中です。
須賀事務所
川崎市多摩区寺尾台2-8-1

詳細はこちら