視力の悩みに対応する超音波治療器「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。

開業31年の豊富な経験と高い技術

視力ケアセンター

視力でお悩みのあなたへ。
今、「アイパワー」による視力回復・無料モニター募集中です。
〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル

営業時間

午前 10:00~
午後 17:00

休業日

日曜日・祝日

水晶体とは? その謎を解き明かします。
水晶体とは。老眼の原因は水晶体にあった。

老眼の原因は水晶体にあった。

水晶体とは? その謎を解き明かします。

水晶体とは

なぜ水晶体は、濁るのでしょうか?

 水晶体は直径約9mmの透明な円板状で、瞳孔の奥にあります。毛様体の伸縮によって厚みを変えることができるレンズで、遠近の調節を行っています。厚みは調節によって異なりますが4~5ミリです。その成分は、65パーセントが水分、残り35パーセントがたんぱく質です。

 水晶体の役割は、光を網膜に届けることと、ピントを合わせること。

 本来は無色透明で光を通していますが、長年に渡って浴び続けた光の蓄積や加齢などによって、水晶体のタンパク質が変性します。すると水晶体が濁ってしまい、それによって光の透過率が落ちたり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなるなど、視力が低下してしまうのです。

 加齢による白内障の場合、濁りは黄白色ですが、年齢が若い場合は白色に濁ることもあります。また、近視、超高齢者、強い紫外線が原因の場合は、茶褐色に濁ります。

 白内障は、日常的に不自由を感じるようになったら手術が必要です。発展途上国の失明原因の第1位は、この白内障です。白内障の予防には、とくに次の2点が重要です。

①外光が強ければ、サングラスや保護メガネをかける。
②偏食を避け、バランスの良い食事を心がける。

①のサングラスや保護メガネをかけることの重要性を説明します。これは水晶体の役割と大きく関係しています。

水晶体は、網膜を守る“盾”の役割もこなしていた。

水晶体は、網膜を守る盾の役割もある。

 見た映像を映し出すめの「網膜」は、光によつてダメージを受けると失明する恐れがあります。
 この大切な網膜を守るために「盾」の役割をしているのが、実は水晶体なのです。エネルギーの強い光を水晶体で吸収することで網膜までに届く量を減らし、光のダメージから目を守ってくれます。

 光のエネルギーは、短い波長ほど強くなります。例えば、同じワット(W)数でも、波長の長い赤外線ランプでは日焼けはしません。いっぽう、波長の短い紫外線ランプでは日焼けをしたり、菌を死滅させられます。
 波長の短い青色光と、長い赤色光とでは、エルネギーの差は倍です。エネルギーが強いということは、それだけ目に与えるダメージも大きいということです。しかも、目にダメージを与える活性酸素は波長が短いほど増加するので、紫外線やそれに近い青色光・ブルーライトの目の悪影響は無視できないのです。

 網膜まで届く紫外線の量は年齢によって違います。生後から6カ月までは、水晶体が透き通っているので紫外線の約80%は網膜に届き、10代では約50%もの紫外線が水晶体を透過しています。それだけに、網膜が危険にさらされているように思いがちですが、これらの時期の網膜は、紫外線による日焼けや傷のもとになる活性酸素の親玉(リポフスチン)を分解・無害化しているのです。

 ところが、この分解機能も年齢とともに衰えていきます。すると、今度は水晶体が網膜を守り始め、20歳以降では水晶体が紫外線を100%吸収してしまうことで、紫外線による網膜へのダメージをなくしています。

 しかし、加齢とともに光によって傷ついてゆく水晶体を保護しなければ、白内障や老眼のリスクはどんどん高まってゆきます。だからこそ、高齢になるほど、紫外線対策、ブールライト対策が大切になるというわけです。
 水晶体は一度濁ると、元に戻すことはできません。

 統計によって違いはありますが、白内障の発症率を見ると55歳で約15%、65歳で約30%、85歳で約90%、90歳でほぼ100%と、歳をとるにつれ増えていきます。

なぜ、年齢ととも老眼になるのでしょうか?

水晶体の構造イラスト

 水晶体の加齢現象には理由があります。

 水晶体の表面には「水晶体上皮細胞」があり、一生発育を続けるため体積・重量ともに増加します。ところが、眼圧内及び水晶体囊(すいしょうたいのう)に包まれているために体積を大きくしたり、増加させることができないのです。そのため、加齢により、増殖し続ける「水晶体上皮細胞」は水晶体の核を圧縮させ=硬化が生じ、その結果

①弾性の低下:調節力低下
②屈折力の増加:水晶体核の硬化により近視化が生じる。見にくい、焦点があいにくいなど。
③色調の変化:黄色調の増加、などがみられる。

 そうです、老眼になることを遅らせることができても、老眼になることは避けられないのです。

超音波治療器を老眼の方にもオススメしている理由。

房水は毛様体(もうようたい)でつくられ、水晶体や角膜に酸素と栄養を供給します。

房水の流れイラスト。房水は毛様体(もうようたい)でつくられ、水晶体や角膜に酸素と栄養を供給します。

 水晶体には血管がありません。では、どうやって水晶体に栄養や酸素を供給しているのでしょうか。
 それは「房水』です。
 眼圧によって目の形が丸く保たれていますが、その眼圧をコントロールするのが房水(ぼうすい)という透明な液体です。毛様体(もうようたい)でつくられています。角膜と水晶体の間を流れて、最終的には角膜と虹彩(こうさい)の間の隅角(ぐうかく)で濾過され、眼外の血管へ流れていくという定まった経路で循環しています。

 房水には、この働きのほか、重要な役割があります。水晶体や角膜に酸素と栄養を供給しているのです。
「房水」の流れが滞れば、水晶体に栄養・酸素が行き渡らず、老化も早まります。
 そこで登場するのが超音波治療器です。超音波治療器の臨床実験では

 眼球内を満たし、循環している房水の流出抵抗が弱まります。超音波により「毛様体」の柔軟性がよみがえるため、房水が出やすくなるのです。加えて、新鮮な房水を生み出す能力も増加します。

 と、報告されています。つまり、超音波を目に投射することで、水晶体に栄養・酸素が行き渡って元気を取り戻すのです。

目のことをもっと知りたい方は、下記のページをご覧ください。

目の構造と機能

目の構造と機能

目の構造について詳しくはこちら

目は人体で最も高度に進化した精密機械です。その構造、各部位の働きを知れば知るほど、驚かされます。
そこで、虹彩、角膜、結膜、水晶体、毛様体、強膜、脈絡膜、網膜、黄斑部、硝子体、前眼房、後眼房、隅角など目の各部位がどんな働きをしているのかをまとめました。

眼球を動かす筋肉、外眼筋。

眼球を動かす筋肉、外眼筋。

外眼筋について詳しくはこちら

外眼筋には、4本の直筋( 内直筋、 外直筋、 上直筋 、 下直筋 )と、2本の斜筋( 上斜筋、 下斜筋 )があります。これら6本の筋肉の働きで眼球運動は行われているのです。眼を横に向けたり、内に寄せたりするときは、これらの外眼筋がバランスをとりながら働いているのです。

知っているようで知らない毛様体の実像。

知っているようで知らない毛様体の実像。

毛様体について詳しくはこちら

目の遠近調節に関係する毛様体筋は、筋肉組織ですが、実は環状の筋肉なのです。輪のような形になった筋肉を収縮・膨張してピント調節を行っていたのです。あなたは、知っていましたか? ここでは「毛様体」の謎に焦点をあて、詳しく解説します。

視力ケアセンターの商品一覧

商品一覧

 視力ケアセンターの商品一覧のページです。超音波治療器のアイパワーやドクターハーツ、サプリメントのアイタミンゴールド、アイサポートめがねなどを販売中。

商品一覧はこちら

視力回復の情報記事一覧

視力回復の情報一覧

 視力回復に関する情報記事の目次ページ。まずは、こちらから知りたい情報を探し出し、ご覧になってください。

情報記事一覧はこちら

視力回復Jinチャンネル

動画サイト『視力回復Jinチャンネル』では、視力回復に関わる情報を動画で発信。「眼科用超音波治療器とは?」などについてわかりやすく紹介しています。

 YouTube映像のJinチャンネルメニューはこちらをクリック

ありがとう浜村淳

MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」の番組内でアイパワーが紹介されました。

紹介音声を聞きたい方はこちらをクリック

サイドメニュー

facebook

視力ケアセンターのfacebookです。視力などの健康情報を発信しています。

Facebookページにアクセス

明かりのついた部屋で寝ている赤ちゃんは、将来、近視になる?!

乳幼児と照明

「夜、明かりをつけた部屋で寝かせている赤ちゃんは、成長してから近視になりやすい」という、データがあるのを知っているでしょうか?

乳幼児と照明の詳細はこちらをクリック

学校検眼でB、C、D判定。視力低下対策と予防法。

学校検眼のイラスト

学校では新学期になると学校検眼が行われます。これは学校で測る視力のこと。結果は、A~Dの4つに分かれています。B~D判定が出た場合の対策と予防法を紹介します。

学校検眼の詳細はこちら

動体視力などの視覚トレーニング方法

動体視力などのトレーニング

スポーツに必要な視覚能力にはどんなものがあるのでしょうか?静止視力、動体視力、眼球運動、深視力、瞬間視、目と手/足の強調性などについてトレーニング方法を含めて詳しく紹介します。

視覚トレーニング詳細はこちら

視力回復体操・視力回復トレーニング

視力回復体操

目が疲れたときは、目の血行を良くする体操・トレーニングが効果的です。目の血行を良くするためには、1時間に1回のペースで行うのが理想です。パソコンでの作業が続き、目が疲れた時などにどうぞ。

視力回復体操・トレーニングの詳細はこちら

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために!

運転免許証で視力検査にパス

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許証更新で視力検査にパスの詳細はこちら

吉祥寺森岡眼科

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル502  TEL:0422-20-6541
吉祥寺駅から徒歩2分
眼科 レーザー治療 特殊検査 流涙症/ドライアイ 眼精疲労治療 手術

広告……銀座1丁目でダイヤを高額買取!

お電話も店頭も全員プロの鑑定士が対応します。銀座一丁目店にご来店なら、ご覧になっている前で査定作業を行い、現金でお支払い。査定はすべて無料です。
ダイヤ買取サービス
(株)パンサラッサ
中央区銀座1丁目8-8
三神ALビル2F

詳細はこちら